看護師 求人 子そだて

看護師子育てPartialBetter

看護師として働こうかと考えているけれども、子育てをしているから働くのは無理とか、あるいは子供のことを考えると働くのは難しいかなと思っている看護師は多いと思うのですよね。

実際、病院で看護師の募集があってそこに問い合わせてみると、たいていの場合、夜勤が可能かどうかを確認されます。子供がいると夜勤は難しいということになるのですが、そうすると採用されることがとても厳しくなります。まあ病院からしたら夜勤要因が不足しているから募集をかけているわけで、そこに夜勤はできないという看護師が入ってきたとしてもシフトに苦労するのは分かってますからしょうがないのかもしれませんが。

私のいとこで看護師をしている人がいて、だいたい同じようなことを言ってましたね。その人は独身時代に県立病院で看護師として働いていたんですけど、結婚してしばらく仕事を続けていたものの、妊娠をきっかけに退職することになったんです。これは良くある話だと思います。妊娠して、さらには出産してそのまま働くことができる病院というのは数えるほどしかありませんから。

そして子供が少し大きくなり、小学生になったので子どもが学校に行っている時間なら空いているしということで、再び看護師の仕事を探してみたそうなんです。子どもが学校に行ってる時間となると、だいたい10時から16時ぐらい。あまり遅くなって子どもを一人にさせてる時間が長くなると今度は子どもの心配もあります。最近は共働き世帯が増えて授業後に子供を預かってくれるサービスもいくつかありますが、できれば自分で面倒を見たいと考える気持ちもあります。

結局のところ、看護師に限ったものでもありませんが、融通の利く職場が見つかるかどうかによって仕事も大きく変わってくるということです。

そして子供が少し大きくなり、小学生になったので子どもが学校に行っている時間なら空いているしということで、再び看護師の仕事を探してみたそうなんです。子どもが学校に行ってる時間となると、だいたい10時から16時ぐらいでしょうね。あまり遅くなって子どもを一人にさせてる時間が長くなると今度は子どもの心配が大きくなりますから。小学校の高学年ぐらいになるともう少し大丈夫なんでしょうけど。

この辺りは子育て中の看護師の多くが持つ悩みではないかと思いますが、そういえば、知人も小さい子供を抱えながら看護師の求人を探ししていましたが、看護師専門の転職サイトを使って求人を見つけることができたと言ってました。こうしたサイトも参考にするとよさそうですね。看護師子育て・働き方お悩みサポート|復帰し両立するために!~常勤・パート・夜勤の転職先を見つけたい人の支援~



TOP PAGE